ロシア人初のKPOPアイドル

ロシア初のKPOPアイドル「ラナ」|気になる事実、プロフィール、2022年のイベント情報など。 

ロシアのKPOPアイドルがいたことをご存知だろうか?そう、彼女の名前はLana、Yudina Svetlana Dmitrievnaです。この記事では、彼女について、そしてラナのKPOPデビューにまつわる論争について詳しくご紹介します。 

KPOPといえば、韓国の少年少女が音楽、ダンス、パフォーマンスなどのスキルを駆使して活躍する姿を思い浮かべる。

しかし、「コリアン」ポップの出演者が必ずしも韓国人でないこともある。

KPOPアイドルといえば、日本や中国が発祥の地だが、最近は他の国や人種からのデビュー組も増えてきた。

そんなアイドルの一人が、ユディナ・スヴェトラーナ・ドミトリエヴナ、通称ラナである。

関連する アジアの音楽シーンにおける黒人アイドル

関連する KPOP業界で今最も若いアイドルたち

ラナを見ていると、ロシア人とはとても思えません。彼女はタタール人の血を引いているので、東アジア人に似た顔立ちをしており、一見すると韓国人かと思うほどです。

ラナのデビューは、熱狂的な歓迎を受けたが、ある部分からは反発もあった。 

この論争の中心は、「韓国の」ポップアーティストであるとはどういうことなのか、という議論である。そして、KPOPは韓国人でない人が演奏した場合、どのように韓国的であり続けることができるのでしょうか。 

ロシア初のKPOPアイドル 

ラナ KPOPアイドル
出典はこちらInstagram@ラオウパイシー

ラナやKPOP音楽界の外国人を肯定する人も否定する人も、彼女が話題をさらったことは否定できない。

どんな宣伝も良い宣伝になる」という表現どおり、人々は今、ラナにこれまで以上に関心を寄せているのだ。 

そこで今回は、ユディナ・スヴェトラーナ(韓国名:ラナ)についての情報を集めてみました。ぜひご覧ください。 

ユディナ・スヴェトラーナ・ドミトリエヴナとは?

lana KPOPアイドル整形前
出典はこちらInstagram@__lanalicious

ユディナ・スヴェトラーナはロシア出身のKPOPアーティストである。彼女のステージネームはただのラナだが、実際の韓国名はユ・ラナである。

彼女の名前をロシア語で綴るとЮдина Светлана Дмитриевна、そして韓国語のハングルで綴ると유디나 쉗라나 디미트리에브나となります。 

両親ともロシア人なので、韓国系ではありません。しかし、彼女はロシア連邦の一部であるサハリンという日本の近くにある島のポロナイスクという都市出身なので、東アジアの特徴をもっています。

ラナの父親は混血で、半分タタール人です。つまり、彼女はタタール人のクォーターということになります。母親はバシキール人なので、これらの遺伝子が混ざり合って、日本人や中国人、韓国人に多い顔立ちになっているのです。 

2019年にHiCCエンターテインメントからソロデビュー。ラナは、6月27日に1stシングル「Take The Wheel」をリリースした。 

ロシア初のKPOPアイドル、ラナの素顔とは?

韓国音楽界初のロシア人KPOPアイドル、ラナについてもっと知りたい方は、以下に彼女の興味深い事実を列挙してみた。

韓国人以外のKPOPアイドルの第一号は誰だったのか?
  • ラナのフルネームはYudina Svetlana Dmitrievnaです。
  • 1996年11月23日が彼女の誕生日です。
  • これにより、2022年現在、25歳となる
  • ラナさんの太陽星座は射手座、干支は鼠です。
  • 身長は170cm。
  • 彼女には韓国語の名前も2つある。ユ・ウンビ(유은비)、ユ・ラナ(유라나)。
  • 中国名は「柳恩菲(Liǔ Ēnfēi)」です。
  • 人気韓国ドラマ「花のち晴れ」を見て、韓国文化に興味を持ったラナさん。番組を見ているうちに韓国が好きになり、語学を勉強するために2014年に韓国へ旅立ったそうです
  • 2019年6月27日に「Take the Wheel」というシングルでデビューしました
  • また、ラナはその直後にセカンドシングル「Make It Real」を発表し、ファンへのサプライズとしてデジタルリリースされた。

2022年、ラナは他に何をしようとしているのか?

ラナは2022年には何も予定されていないようです。 

彼女の最後のプロジェクトは2021年で、完全に自作したミュージックビデオを伴った楽曲を発表した。この曲は「Flyin in the Sky」というタイトルで、Soundcloudでも公開された。 

ラナは、中国のリアリティ番組「Produce Camp 2020」にも出演していました。 

KPOPに登場するロシア人は彼女だけではない

KPOP界にいるロシア人女性はラナだけだと思っているなら、それは間違いだ。2016年、ソフィア・ラマザノワはKPOP界に進出した初の白人女性として話題になった。

彼女は、韓国のガールズグループ「O My Jewel」のメンバーとしてスタートしました。そして2021年1月より、SophiaはソロとしてALLART Entertainmentと契約しています。 

ソフィアはラナとは異なり、民族的には白人であり、白人特有の顔立ちをしている。 

ラナKPOP論争。韓国のポップミュージックを定義するものは何か?

2019年にラナがデビューしたとき、誰もが感激したわけではない。 

KPOPファンからは、「アイドルになるのはまだ早い」「所属芸能事務所HiCCのデビューが早すぎた」という声もあった。 

ファンからは「歌唱力がない」「ダンスが下手だ」という声が上がった。

韓国のファンの中には、ロシアの女の子がKPOPに出演していることを快く思っていない人がいた。

コリアブー」、つまり韓国文化にフェティッシュな人だと主張したのだ。 

また、KPOPに外国人が流入することで、韓国文化にどのような影響が出るかを心配している人もいた。彼らは韓国の音楽が韓国人だけのものであることを望んでいた。 

しかし、ブラックピンクのリサやトワイスのモモなど、ラナのように見た目はアジア人でも国籍は韓国人ではないKPOPアイドルがいるため、この批判は杞憂に終わったようだ。 

新しい言語を学び、まったく新しい文化に溶け込もうとするラナを、私は賞賛すべきだと思います。 

LanaとロシアのKPOPアイドルに関するFAQ

ラナとは何者なのか、ロシア人やその他の外国人がKPOP業界でどのように活躍しているのか、疑問がある方は、ここでよくある質問に答えておきましょう。

LANA WhiteはK-POP?

さて、ラナやスヴェトラーナは白人ではありません。彼女の名前やロシア国籍に惑わされてはいけない。彼女はサハリンというところ出身で、日本のてっぺん近くにあるロシアの島だ。 
だから、アジア人が多いんです。アジア人というのは、東アジア的な顔立ちの人たちのことで、厳密にはロシアの一部はアジアに属しています。 
ラナも父方の祖先はタタール人です。だから、彼女は絶対に白人ではないんです。 

海外のK-POPアイドルはいるのでしょうか?

KPOPのアイドルには、外国人が何人もいる。最も有名なのは、タイ出身のBlackpinkのリサと中国出身のExoのレイです。また、BLACKSWANのファトゥオはシンハラ系で、初の黒人KPOPアイドルです。 
KPOPアイドルで外国系といえば、NCTのYutoとShutaro、Got7のJackson Wang、TWICEのMomoとSanaなどがいます。 

LANAは完全なロシア製ですか?

そう、ラナは完全にロシア人なのだ。韓国系の親はいません。ラナの顔が東アジア系なのは、出身地が地理的に日本に近いからです。それと、タタール人の血が混じっています。つまり、国籍は完全なロシア人ですが、民族的にはミックスされていると言えます。

海外のK-POPアイドルはいるのでしょうか?

KPOPのアイドルには、外国人が何人もいる。最も有名なのは、タイ出身のBlackpinkのリサと中国出身のExoのレイです。また、BLACKSWANのファトゥオはシンハラ系で、初の黒人KPOPアイドルです。 
KPOPアイドルで外国系といえば、NCTのYutoとShutaro、Got7のJackson Wang、TWICEのMomoとSanaなどがいます。 

ロシアはK-POPが好きなのか?

これに関して、2019年にロシアで行われたアンケートがあります。そして、その結果は興味深いものでした。ロシア人の約23.2パーセントが、KPOPは国内で人気があると思っていたのです。しかし、別の32パーセントは、この人気は都市部の特定のグループに限られていると考えていたのです。 

K-POP初の白人アイドルは誰?

ラナはロシア人だが、民族的にはやはりアジア人である。しかし、最近話題になっているロシアのKPOPアイドルがもう一人いて、それはソフィア・ラマザノワだ。ラナと違って、彼女は白人の白人です。 

ロシア初のKPOPアイドルの最終的な感想

KPOPシーンに韓国人以外、いやアジア人以外がいることは少し不思議かもしれないが、状況は確実に変化している。

KPOPのファンの中には、外国人アイドルがいることで代表性が高まり、自分もアイドルになりたいという韓国人以外のファンに希望の光を与えることができるという意見も少なくない。

また、外国人アイドルがいることで、KPOP業界に新しい視点や音楽観を取り入れることができるという意見もある。

しかし、KPOPファンの中には、海外のアイドルがKPOPにデビューすること、特にアジア系以外のアイドルがデビューすることに厳しく反対する人もいる。 

外国人に歌わせたら、"韓国 "のポップスは韓国らしくない、というのだ。そして、韓国人がKPOPアイドルになるチャンスも奪ってしまうというのだ。

どんな見方をしようとも、今、韓国の音楽界には何人もの外国人アイドルがいることは否定できない。 

ブラックピンクのリサはタイ出身だし、エクソのレイは中国出身だし。

今ではBLACKSWANのFatouのように、異なる人種のKPOPアイドルもいるんですよ。 

だから、KPOPの多様性はこれからも続くのです。 

こちらもお読みください。

11月に誕生日を迎えるKPOPアイドルたち

類似の投稿