韓国のビールブランド

韓国のおいしいビールブランド2022|気分を上げるラガービール5選

焼酎の気分じゃない時にリフレッシュできる、韓国の人気ビール銘柄をご紹介します。また、キャスやテラなどの銘柄を含め、韓国ビールが買えるお店もチェックしてみてください。

韓国でアルコール飲料といえば、「ソジュ」の名を思い浮かべる。 

そうそう、韓国ではお米を使った飲み物が人気ですが、ビールも愛されている飲み物なんですよ。

韓国では、伝統的にビールをこう呼びます。 もろこし (ハングルで「௥주」と表記)。この飲み物は、1908年に韓国初の醸造所がオープンした20世紀後半に韓国人に紹介されました。

長い間、韓国のビール市場は「日帝」と「OB」の2大ブルーワリーで占められていた。 

関連する 焼酎のベストブランド

しかし、2011年以降、韓国政府は地ビールに対する規制を緩和し、多くのクラフトビールブランドが市場に参入しています。  

だから、伝統的な韓国人は焼酎を好んだかもしれないが、現在の韓国ではほとんどの人がビールを好んで飲んでいる。 

実際、2019年に韓国は2022万ヘクトリットルのビールが消費され、世界で最もビールを飲む国の18位であることが、ある調査で判明しました。 

また、韓国ではビールはアルコール飲料の中で大きなシェアを占めています。 40.2% アルコール販売 ビールである。

韓国ビールのトップブランドをテストした方法とは?

韓国ビールのトップブランドを味見してみたので、完璧な飲み物を探すのに時間を浪費する必要はありません。また、より簡単に評価できるよう、1~5のスケールで評価しました。以下は、これらのビールを評価したパラメーターです。

  • 強さ - もちろん、一番最初にチェックしたのは、そのビールがどれくらいのアルコール度数を含んでいるかということです。濃くて強いビールは5点、水っぽいものはランクを下げました。
  • テイスト - また、ビールがすんなり飲めるかどうか、フレーバーテストも行いました。これは、さまざまな型破りなフレーバーがあるクラフトビールでは特に重要なことでした。 
  • 価格 - また、価格も重要な要素でした。
  • 可用性 - また、スーパーやネットショップで簡単に手に入るビールなのか、それともニッチであまり手に入らないクラフトビールなのかもチェックしました。 

韓国のビールブランド 2022

テラ・ビール

  • アルコール含有量 –  4.6%
  • フレーバー - 酸性の場合 
  • 醸造所/メーカー名 - 飛天郎
テラコリアンビール

韓国の地ビールで最も人気があるのは、ヒテジンロ醸造所の「テラ」という銘柄です。アルコール度数は4.6%以上で、軽いビールの部類に入る。

そのため、大学生や初めてお酒を飲む人にとても人気があります。 

このビールに使用されている麦芽は、オーストラリアで栽培されたもので、素晴らしい品質を誇っています。 

しかし、私がこのビールを好きになったのは、炭酸を加えることで発泡性を出し、注ぐと美しい泡の層ができるためです。 

私の評価

  • 強さ –  3.5/5
  • テイスト – 4/5
  • 価格 – 4.5/5
  • 可用性 – 5/5 

ハイテ

  • アルコール含有量 – 4.3%
  • フレーバー - ペールラガー
  • 醸造所/メーカー名 - 飛天郎
ハングル・ビール

テラビールと同じく、ハイトエクストラコールドもハイトジンロブルワリーのものです。バドワイザーなどのライスラガーがお好きな方はぜひお試しください。

スパイシーな料理と相性の良いライトボディの爽やかなラガーです。こちらの炭酸も(テラビールと違って)ライトからミディアムなので、大きなトップが出ることはありません。 

初めて飲む人で、まだ強いお酒の味覚を持っていない人には、本当にお勧めのビールです。 

でも、強さや味を求めるなら、これは向かない。要するに切れ味も強さもない、つまらないラガーなのだ。 

私の評価

  • 強さ –  3.5/5
  • テイスト – 4.5/5
  • 価格 – 5/5
  • 可用性 – 5/5

テラは、『イカ娘』や『釜山行き』などで有名なコン・ユがプロモーションを担当しています

キャス

  • アルコール含有量 – 4.5%
  • フレーバー - ペールラガー
  • 醸造所/メーカー名 - OB会
韓国ビール

Cassも低アルコールのペールラガーです。韓国最大のアルコール醸造所の一つであるOBグループが醸造しています。

キャスもハイトやテラというビールブランドと同じように、実に軽やかで爽やかな味わいです。しかし、他の2つのビールと違うのは、その味がより豊かで深く感じられることです。 

また、後味も他の2銘柄のペールラガーよりずっと長く感じることができました。

しかし、キャスの一番の魅力は、非常に人気のあるビールなので、実質的にどこでも手に入るということです。 

手羽先や参鶏湯などの辛い韓国料理にも、フライドポテトなどのアメリカンな料理にも合わせます。どちらの料理にも合うと思います。 

私の評価

  • 強さ –  4/4
  • テイスト – 4/5
  • 価格 – 4.5/5
  • 可用性 – 5/5

クラウド

  • アルコール含有量 – 5%
  • フレーバー - ピルスナー
  • 醸造所/メーカー名 - ロッテ チルソン 飲料株式会社
大韓民国ビール麦芽

上に挙げたペールラガーに飽き、もっと強いものが飲みたいという人は、ロッテチルソン飲料株式会社というグループが製造している「クラウド」というビールをチェックしてみるといいだろう。

ヨーロッパスタイルのこのビールは、ドイツのピルスナーを髣髴とさせる。試飲してみると、穀物系のホップの香りが際立ち、その後ピリッとしたパン粉のような後味に落ち着きます。

しかし、私がこのビールで一番好きなのは、強い味わいと大きな泡が立つことです。このビールがなぜクラウドと呼ばれているのか不思議に思っている方は、グラスに注いで泡を確かめてみてください。 

私の評価

  • 強さ –  4.5/5
  • テイスト – 4.5/5
  • 価格 – 4/5
  • 可用性 – 5/5 

マックスビール

  • アルコール含有量 – 4.5%
  • フレーバー - モルト
  • 醸造所/メーカー名 - ハイテジンロ
韓国のクラフトビールブランド

ひでじろうのHiteが好きですか?そうですね、マックスビールというビールもありますよ。 

ハイトの味は好きだけど、ペールラガーよりもっとモルトでリッチなものが飲みたいという方は、ぜひ試してみてください。 

Hiteは冒頭で非常にシリアルなホップの味がし、終始クリーミーでリッチな味わいを保っています。

韓国料理店では、フライドチキンなどの屋台料理と合わせているのをよく見かけます。また、私はこのビールをステーキディナーと合わせるのが好きです。私の意見では、それは天国のようなマッチングです。

発泡するのはいいのですが、注ぎ方を間違えると出過ぎることがあります。だから、ビールをグラスに移すときは気をつけてね。

このビールの唯一の問題は、ネットや近所のコンビニで見つけるのが不可能に近いということです。私は最終的に韓国専門スーパーで注文しました。 

私の評価

  • 強さ –  4/5
  • テイスト – 4.5/5
  • 価格 – 4/5
  • 可用性 – 2.5/5

韓国のビールブランドに関するFAQ

読者の皆さんから、韓国のビールブランドや醸造所に関する質問をたくさんいただきました。そこで、よくある質問にお答えすることにしました。ぜひご覧ください。 

韓国で一番人気のあるビールは何ですか?

2019年の調査によると、韓国で最も人気のあるビールブランドは、国際的なビールブランドであるハイネケンでした。しかし、現地で醸造されたビールとなると、OBゴールデンラガーとハイトというブランドが最も消費されている。 

韓国ではビールが流行っているのですか?

そうです!韓国ではビールが焼酎と同じくらい、いやそれ以上に人気なのです。ある調査によると、アルコール飲料の総市場シェアの40.2パーセントをビールブランドが占めているそうです。ビールが好まれるようになったのは、過去10年間に地ビールメーカーが設立され、風味豊かなクラフトビールが生産されるようになったことが要因として挙げられる。 

焼酎はビールなのかワインなのか?

実はどちらでもない。焼酎は蒸留酒であり、ウィスキー、ブランデー、ラム酒などとともに「酒類」または「ハードスピリット」のカテゴリーに入ります。 
焼酎がワインの一種であるという誤解は、おそらく日本の米酒である「日本酒」がワインの一種であることに由来している。しかし、燒酎は韓国のお酒ではない。それは韓国の米酒である「マッコリ」である。 
ビールは麦芽と大麦から作られたアルコール飲料を指すので、焼酎はビールではありえないのです 

韓国ではサンミゲルビールが有名なんですか?

サンミゲルビールは韓国でも販売されているが、決して人気が高いとは言えない。OB、Cass、Terraなどの地ビールブランドはサンミゲルよりも消費者を掴んでおり、ハイネケンなどの国際的なブランドとも競争しているのです。通常、サンミゲルは韓国のブランドかスペインのブランドだと思われていますが、実はフィリピンを拠点とするビールブランドなのです。 

韓国のビールは強いのか?

韓国には、強いビールと軽いビールの両方があります。ビールのアルコール度数は4~8%です。しかし、例えばアイルランドのギネスのような他の国のブランドと比べると、韓国のビールは軽い方だと言えるでしょう。 

韓国では、伝統的なアルコール飲料である米由来の発酵飲料「ソジュ」が有名だが、ビールが本格的に普及しつつある。 

ビールは焼酎よりもアルコール度数が低いので、多くの人が好んで飲んでいますし、クラフトビールもさまざまなフレーバーがあります。 

また、ビールは、初めてお酒を飲む学生にも人気があり、他の強いアルコール飲料よりもクラフトビールの味を好む人が多いようです。

こちらもお読みください。

韓国のソフトドリンクは必食

類似の投稿